監督  岑 和幸 

枚岡ボーイズ小学部が目指す楽しい野球とは・・・

チャンスで緊張し自分のスイングが出来ず良い結果が出ない。

ピンチで飛んできた打球を緊張で足が動かずミスをしてしまう。

少年野球ではよくあります。

野球は緊張をするスポーツではなく、楽しむスポーツであると子供たちに伝えています。

1試合3本ヒットを打って10対0で勝つ試合よりも凄いピッチャーが投げたボールに

食らいつき必死に打って守り、1対0で勝つ試合の方がはるかに楽しく(ハラハラドキドキ)

思い出に残ります。(0対1で負けても楽しい。勝負は時の運)

そんな試合(経験)をするには、仲間と共に一生懸命練習し、自信を持って試合に臨み勝敗の

            結果ではなく充実な時間が楽しい野球だと考えています。

 

            またWBC U-12のコーチとして世界の野球少年を見て学び感じた事も練習に取り入れて

            います。例えば、守備では私の子供の頃は「両手で正面で取れ!!」片手で捕球すると「お前

            はプロか?」を怒られたものですが、外国の指導は、どんな形でもまず、アウトを取る事!

            とてもシンプルです。野球は進化し続けます。

            枚岡ボーイズの子供たちには逆シングルの捕球などプロ野球選手のプレー などで見る

            かっこいいプレーも練習しています。

 

 

コーチ  衞藤 善男コーチ

コーチ  岡崎 紀男コーチ

コーチ  村部 好保コーチ

コーチ  松風 淳コーチ